top of page
  • yoshimura03

結婚できないキャリアウーマンFさんが無意識でしていた【自分への質問】とは?



【自分への質問~結婚編~】


いい人と巡り合うために私にできることは何か?

日常の習慣を少し変えるだけで、望むものが手に入り易くなる、簡単だけど、効果的な方法

それが「自分への質問」

あなたが日々、無意識でしている自分の質問に気づき、

あなたの望む人生を送るための、必要で、ふさわしい質問 に変えていくことを目的として、

実際に効果的だった事例を基に【自分への質問】をご紹介したいと思います


結婚できないキャリアウーマンFさん

学生時代は、常に彼氏がいたにも関わらず、働きだしてから出会いがない。

合コンに行ったり、好きだと言ってくれる人と付き合ってもすぐにうまくいかなくなり、

自分の男運のなさを嘆いていました。

そんなFさんが無意識にしていた【自分への質問】はこちら↓

◆何で私の恋愛は長続きしないんだろう

◆何で私はいつまでも選ばれないんだろう

(地位のある女は愛されない)

◆どうして私には、ダメ男ばかり寄ってくるのだろう

そんなFさんが、その悩みを結婚している同僚のMさんに相談。

Mさんのしている【自分への質問】がこちら↓

◆私と結婚できる人のメリットは何だろう

(自分は何を提供できるだろうか)

◆いい人に巡り会うために私ができることは何だろう

Mさんに教えてもらったこの質問を意識したFさん。

すると、これまで置き忘れていた”ある事” に気づきました。

それは・・・

これまで自分を幸せにしてくれる人を探すことだけに集中していて、

自分を認めることや、自分が幸せになる選択をしてこなかったということ。

それに気づいたFさんは、

まずは自分の中に意識を向け、

私にとっての幸せって何だろう?

自分を認めるってどういうことだろう?

そんなことを日々考え、

その答えを探すかのように、

Fさんの行動基準が「自分にとっての幸せとは?」に変化していきました。

そうすることで、新たに気づいたこと、

それは、

「私は一人でも十分幸せな人間なんだ」

ということ。

自分の幸せ、存在意義を自分で認めることができたFさん。

その半年後には理想のパートナーから念願のプロポーズを受けました。

今は2人の子供を持つママです。

以前のFさんがかかっていた無意識の自爆は、

「彼氏がいたら私は幸せになる」

「結婚したら私は幸せになる」

『○○を得られたら幸せになる』

のこの思考は、裏を返せば、

「○○が得られなかったら私は幸せにはなれない」

つまり、私は ”不幸だ” と信じている自分がいる。

なので、不幸だと感じる現実が引き起こされる。

(例えば、いい人が現れない。彼氏が出来ても長続きはしないなど)

この自爆に気づき、そして抜け出すために、

まずは、

”いつも無意識でどんな【自分への質問】をしているのか”

に気づくことが大切。

すると、

その質問をしている『自分』はどんな『自分』なのか・・・

自分のセルフイメージも見えてきます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

※無意識に自分がどんな質問をしているのかに気づくワークはこちらから

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

最後までお読み頂き、ありがとうございました。


閲覧数:3回0件のコメント
bottom of page