top of page
  • yoshimura03

◆ ”愛されない自分” の作り方◆


全国の男性の皆様♡

もうすぐ「あの日♡」が近づいて来ますね?

世の男性陣にとって、 一大イベントである

”あの日♡” と言えば、

「バレンタインデー♡」

最近では

「自分のご褒美用のプレゼントとして、チョコを事前に注文されている女性の方の多いんだとか・・・」

今日は、そんなバレンタインデーにちなんだ?

いや、バレンタインデーとは 真逆 の「恋」のお話をさせて頂きます。

ずばり‼

「~愛されない自分の作り方~」について。

例えば、

・彼氏や旦那に愛されていると実感がない。 ・付き合ってもすぐに別れてしまう。 ・良い人が現れない。

これらの原因、実は、無意識で

“愛されない自分” の世界を作っていっているのが原因かもしれません。

「ん?」

「どういう事?」

そんな声が聞こえてきそうですが、 詳しく説明していきます。

まず、“愛されない自分”を作るためには

“私は愛されない人間だ” という種を自分の中に植えつけておきます。

この「種」は自分の親、育ててくれた人、兄弟等の価値観や信念によって、

あなたが小さい時に(多くの人は)、この種が植えつけられます。

その種を植え付けられたAさんは、

「私は愛されない人間だ」

と無意識の部分(潜在意識)でこのことを信じるようになります。

それが“自分”なんだと。

逆に、

“私は愛されている” という種を植えつけられているBさんがいるとします。

AさんとBさん、

違う種を植えつけられているこの2人の行動を見ていきましょう!

例えば、

仕事終わりに、ふと一人で立ち寄った、オシャレなお店。 カウンター席で、一人でワインを飲んでいたら・・・ 横から、自分好みの男性が声をかけてきました。

男性:「良かったら、一緒に飲みませんか?」

A:(私は愛されていない人間だと思ってるので)

「何で私なんかに声かけるの?何かの勧誘? 怪しい・・・」 と思い、

返答) いや、もうすぐ帰るんで・・・

(しかも、嫌われたくないので、本心を言わずにごまかす)

B:(私は愛されている人間だと思ってるので)

「私に気があるのかな?そこそこ私のタイプでもあるし・・・」

(返答) はい、いいですよ(^^)

その2か月後・・・

A:未だに彼氏ができず・・・

B:その男性と意気投合し、彼氏ゲット♡

この例はほんの一部にすぎません。

それぞれ違う種をもっている2人。

彼氏といつもケンカする人や、

直ぐに別れてしまう人、

結婚できない人の特徴も、

自分が“どんな種を持っている”かで、

どんな事が起こるのか、実はほぼ分かってしまいます。

しかも、この種…

恋愛だけでなく、仕事や人間関係においても、

全てに影響を与えます。

自分がどんな種を持っているかで、

今の現状を作っていると言っても過言ではありません。

自分がどんな種を持っているかを知っていれば、

意識することで、問題や課題の多くは解決することができますが、

どんな種を自分で持っているのかは、

自分では気づきにくいんです。

なぜなら、

無意識の領域(潜在意識)にあるものだから。

無意識で、“自分は愛されない”という現実を創っていくんです。

(本当に恐ろしい・・・)

しかも、 こういった種は、 自分の中に

無数に存在しているのです。

まずは自分がどんな種を持っているのかを探っていき

自分にとって、必要な種を植えていきましょう!

あなたも知らない自分の種を見つけたい方は⇒こちらから

どんな種を持っているのかを知ることができます。



閲覧数:0回0件のコメント
bottom of page